<   2015年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2015年04月30日
なかなか遺産で繋がった逆立ち先生が京都のお寺で逆立ちを始めました。
逆立ち折り紙建築をご所望され、右から左いや下から上に簡単に創作が出来るでもなし。
茶谷正洋氏設計折り紙建築を作ってちょっと遊んでみました。
製図すると全て5㎜方眼とその1/2に収まっている。
基本寸法を使ってプロポーション良き折り紙建築を創るセンスと技術に感嘆。
先人の図面トレースは勉強になります。
a0210108_0525846.jpg
「清水寺本堂」折り紙建築設計:茶谷正洋(彰国社「折り紙建築京の旅」より)
2015年04月29日
今日は、ゴールデンウィークの始まり、祭日。
なのに、朝7時半草取りから始まり、一日中お仕事。
打合せで天神を通ったら、どんたく飾りに、どんたく音楽、賑やかなこと。
一件は、無事了解を得、ルンルン。
一件は、とんとんと進み良い感じ。
最後、学生に掴まり1時間人生設計を聞く。
ただ聞き、促し、共感するだけだが、詰めの弱いところは自ら発見できたのでは?
私のモヤモヤを聞いてくれる人いないかな。
a0210108_22152427.jpg
イオン植樹祭に始まった育樹祭はこれが最後なんだって。
樹木は三歳で自立かな?4年皆勤賞で終了。
2015年04月28日
いつの間にか春が通り過ぎ、初夏を思わせる陽気。
珍しくレンゲ畑を見つける。
場所によっては早場米作付が終わってる水田もあった。
a0210108_22375593.jpg

2015年04月26日
4月21日制作モデルは、合体して現在こんな姿。
今日はここまで。
a0210108_10592971.jpg

2015年04月24日のこと
前進座「夢千代日記」は楽しみに待っていた芝居です。
NHKドラマ吉永小百合「夢千代日記」が懐かしく、素晴らしかったのもあるし、
前進座役者が芸者衆として踊るのは見事だろうと期待がありました。
原爆と中国残留孤児と記憶喪失男の話が主軸で暗くなりがちなのに、
やっぱり前進座、芸達者役者を生かした旅回り一座公演や踊り稽古など笑える横軸が秀逸。
生きるってエネルギーがいる。一人ひとり必死に生きていると響いてくる芝居でした。
置屋はる屋居間を中心とした大道具だけで表現する舞台装置がまた素晴らしい。
ミラーボールをはじめ照明マジックで、舞台がなんにでも変身して行きます。
運営サークルとしては何も仕事をしていない負い目があり、居心地が悪かったが(上演4月27日まで。何方か鑑賞しませんか?)。

一市民が生きていく姿を写し取っている物語に共感する。
と思って、
新聞を読んでいたら、ダブルインパクト展紹介で田中直毅さんが
小林清親の作品を眺めていると、浮世絵師は優れたジャーナリズムだったと痛感させられる。・・・清親のこの絵は、庶民が台所で使う鍋釜を作る工場の様子を写し取っている。世の喧騒をよそに、職人たちは伝統を受け継ぎながら、新時代に向き合おうとしていた。ここには現代にも通じる、日本の職人の原型のようなものがきわめて印象的に表現されている。時代を切り取る道具としての浮世絵の本質を、私はこの一点に見る。
社会的・ジャーナリズム的視点から明治期の浮世絵を見ることで、私たちは近代という時代に対して抱きがちな偏ったイメージから逃れられるだろう。
と書いていた。芝居もそうであってほしい。
2015年04月24日のこと
美しいものを見ると心豊かになります。
Naho Katayamaさんの作品は、そんなうっとり夢見る感じでした。
想像以上に小さく、繊細で、製作集中力と製作時間を考えると息が詰まりますが、
完成品は静かに美しい。
制作者は大らかな自然体な方でした。
創作活動をヒョイと初めて、自由に広げているそうです。
そんな始まり方って有りかしらん?何とも羨ましい。
ギャラリーPAPER INNの展示は5月1日まで。

2015年04月23日
思いがけない うれしい荷物が届きました。
なかなか遺産第2号森文「旭館」認証記念イベントDVD2本組です。
なかなか遺産の旅をしていたのは、ほんの一月前。
めまぐるしい毎日で遠い昔のことと思っていましたが、これで蘇ってきます。
両方のケース写真に私の姿がある、ちゃんと仕事していたのねって安心できます。
旭館が、ますます地域に愛され、町全体が元気になっていけば、いうことなし。
a0210108_22571243.jpg

2015年04月22日
「ミャンマー人です。先生の講義についていけません」
カタカナ名、アルファベット名、常用漢字外名の学籍簿で不安が有ったけれど
留学生が3人も在席していました。
やっぱりついてこれないか。
400ページの分量を半期でこなすんだからゆっくり進める余裕はない。
「テキスト買って予習します」
で一端落ち着きました。
大学院まで進んで本国に帰るのだそうです。
「日本人が3年生で就活するのが信じられません」
とも。
勉強熱心な彼らの爪の垢を飲ませて上げたい。
2015年04月21日
図面を手に入れつくったモデルがこれ。
a0210108_22311428.jpg

2か月も前に写真からつくったのがこれ。
a0210108_22214020.jpg

印象から作ったモデルの方がよく見えるのは何故?
a0210108_22303180.jpg

2015年04月19日
F君から誘われ「よっちゃん祭」へ。
2012年はぐるぐるウォークで津屋崎全体を歩き回り、2014年は出店を見て回わりました。
今回は、旧河野邸の絵本トークに終始。
F君が絵本好きとは知らなかったけれど、
主役のうめちゃんとは「さよなら電車」制作現場を見た仲だし、
主役No.2なおこBMさんは、共通項が生まれて来てお互い驚いている仲。
「私にはこれしか描けないから」
「描きたいワクワク感を大切に絵本にしました。」
「均斉が取れた書き方を無視してハチャメチャな主人公の気持ちを絵にした」
「漫画を描いていたから、絵本は簡単だと舐めていたら全然違った」
作家の本音が聞けた楽しいトークでした。
さらに、原画の紙芝居が音楽付きで!
「おこりんぼマーシャ」は日本語と英語の二本立てで語られ、
さよなら電車はかばちゃんが文章を入れて柔らかな話に変化していました。
音楽は音楽セラピストミカさんのピアノと子どもの効果音とケリーさんの太鼓の即興です。
音楽がこんなに紙芝居と合うなんてとっても新鮮でした。
ミカさんが興奮してお話していたから、演奏家たちも素敵なセッションになったのでしょうね。
他を回る時間が無かったけれど、あちらもこちらも顔見知りの人が運営していて、
津屋崎は距離が近い町なのがよく判ります。
来年F君は、津屋崎に引っ越してくるんだって。
出会った頃のように、ワークショップにどんどん誘っちゃおっと!
a0210108_2225121.jpg