<   2014年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

a0210108_23323922.jpg
a0210108_23331436.jpg
嬉野で紅茶なんてと思うけれど、
KiHaKo「嬉箱」のネイミングとパッケージに引かれて買いでしょう。

「貰い物だけどこんなの好きでしょ」と持って来てくれました。
「ウン、大好き」
賛辞は、くれた息子にです。
何年ぶりかで大濠公園を歩き不思議なものを見た。
a0210108_021258.jpg

なんでここにスタバが建ってるの?
どうみても公園用地でしょ?

不思議なものはこのキツネも。
a0210108_0214284.jpg

昔は九州にもキツネが多かったのか?

いつもと違う方向から入る福岡市立美術館の姿も新鮮だった。
a0210108_0222384.jpg
公園は相変わらずランニング、ウォーキングの人が多い。

今日は、接着剤の講習を受け、その他諸々勉強もガッツり。
a0210108_0242752.jpg

a0210108_23123845.jpg
大学研究室の扉にこんなポスター発見。
ケント紙をレーザーカットしたようです。
人目を引くけれど情報に穴が開いちゃう?
心配無用、文章背景は、虫食い無しです。
a0210108_23131282.jpg

葉っぱの中に蝶や虫が隠れているの探してね。
細かく細かく挑戦したくなる、建築環境デザインコンペティションポスターです。
それにしてもお金のかかったポスター、
張替の時は、頂戴!
夏休みカプラワークショップの打ち合わせをしました。
今まで仕掛けるほうだったのが、館からの企画でとても嬉しいです。
夏休みに2回、三才から小学生の親子対象で行いましょうとのこと。
兄弟でも小学生以下は、館にすら入れなかったので喜ばれますね。
陸のものと海のものの日にしました。
ところが私、
興味のある作品しか作ってこなかったので、単純なもの、具体的カタチのストックが無い。
カプラの本を借りて自主トレです。
a0210108_1457996.jpg
鳥、水鳥、船、家、木、ラクダ、飛行機、カタツムリ、蝶々、犬、ネズミ、カメ、サソリ達
これぐらい作れたらヨカロウ。
赤本、青本、黄本、緑本、単純そうに見えて高度な積み方でコリャ無理バイ。
No.23Green&Yellowの本の作品が親しみヤスカネ。
より新刊本の方が、万人向けにこなれてるということチャロウネ。
チビッコイのと、トンネルとナイアガラの滝の大物を作ったら盛り上がり間違いナカロウタイ。
背のたいものが欲しい、灯台があったらイイチャケド?
「ペットボトルで科学遊びをしよう!」
「水あそびをしよう!」
の大テーマを挙げた5月”わいわい”
初夏並28度まで気温が上がった福岡では、水遊びがピッタリでした。
とは言っても
安全安心とたらふくの子どもの居場所の”わいわい”では、
やりたいことをやりたいように、たらたらと浮遊していく子ども達でした。
a0210108_2351647.jpg
今日のごはんはお好み焼き、キャベツ大玉一個千切り完了。
a0210108_2352215.jpg
イカ、エビ、オキアミ、ベーコンも入れました。絶対美味しい!
a0210108_2354877.jpg
ペットボトルで空気砲、水の渦巻き、などなど、これぞ科学遊び!
a0210108_23565761.jpg
コマ回しに熱中する子
a0210108_2358442.jpg
カプラに集中する子
a0210108_23592926.jpg
こんなに暑い日は、水遊びが一番!

新年度は、新小学一年生だけでなく、新大学一年生も多数参加しています。
四月とまた違う新人さん多数で、責任者も緊張します。
どうぞ、周りを見てどう動けば良いか考えましょうね。
ここは学校ではないから、子どもにもスタッフにも責任者は指示を出さないのです。
厨(くりや)にも 活気が戻る 子の帰省

のハズだったのですが、
すごく苦戦中。
確定したら報告します。

のメールが舞い込みました。
マイル消化の帰省みたいなので、流れそうな予感。

そんなことと関係なく、今日はいい天気。
津屋崎海岸は凪で海の水は透き通っていました。
a0210108_17321296.jpg

仕事で疲れた時や面白くない時は、無心に手作業をしたい。
それで今日は、折り紙。
図書館で借りた前川淳「本格折り紙√2」を折ってみた。
川崎敏和折り紙本しか知らないので勝手が違う。
それが、新鮮で面白い。
数学の解説文に、深い愛情を感じる。
学生時代にこんな本に出合っていたら
数学が生きた実態を持ったものになって、何もかも忘れ去ることは無かっただろう。
(この本の装丁がイカシテル!√2の数595桁で埋まっている。)

プリントミスのコピー用紙は折りづらい。
上等用紙は面白そうな作品を折りたいと最終ページ作品挑戦。
初めて折るには難しすぎたトナカイ。
a0210108_1381960.jpg

1年前佐賀折り紙コンベンションで前川淳さんに紙目のことを色々お聞きした。
「折り紙は対角線に折ることが多いから、気にする人がほとんどいない」との答えだった。
折り紙を始めたばかりで何も知らない私も、
図書館にあるこの本を知っていたから、粗相はなかったつもり?
というか、折り紙コンベンションは全員フラットな関係を大切にしているように見えた。
最近、形見にしている折り紙が前川作「悪魔」と知って、調べたら”折紙界の記念碑”と書かれていてビックリ。
今年5月の佐賀折り紙コンベンションに行って、前川さんにお会いしたかった。
来年も来られるか?私は行けるか?
難しいことを楽しく、楽しいことを興味深く、関心のあることを応用できるように
どう教えようか、と手法を考えるは、結構面白い。
中学校総合学習”折り紙建築”授業のスケジュールをどうにか纏めました。
張り切ってカラ回りしないように
生徒にわかり易く、楽しく取り組めるように
余裕を持って対応するのを忘れずにいましょう。
a0210108_22274887.jpg

a0210108_18531245.jpg

美味しい持ちより料理と自由な会話、辞められません。
今日のトピックスは、
豆絵本作家になったうめちゃん
「一期一会」
言い方が大切
の三点。

手作り絵本を作り続けていたうめちゃんが、豆本制作者に出合い、豆絵本本家としてデビュー!
豆絵本は、雑貨扱いだそうです。
うめちゃん絵本は、飛び出すカードのオマケ付きの豪華本です。

一期一会は、四文字熟語ですから、故事から来ていると思っていたら、
「日本には一期一会という素晴らしい文化があるのですね。
中国人は一回きりの人は騙していい相手ととらえるのです」
と中国の人が言ってた、との話になり、わあ、訓読みの和製語なんだと驚きました。
ドイツでも一度あった人とはずっと繋がって行くということわざがあるとの話も出ました。

いい医者でも表現が不味く評判が悪い医院がある話から、
都合の悪い話は忘れてしまうので、言った言わないケンカを避けるためにも
大切なことは、メモ付きで連絡を取り合ったり、ちょっと感謝の言葉を入れたりしようね、など、
楽しく生活するには、言い方が大切だ、の話。

2014年度版子どもの本を読む会ブックリストも作ったから、本道も外していません。
魅力的行事が目白押しの5月17日、18日。
もちろん、3年前から決まっている昔ばなし大学に出席したが、
折紙探偵団九州コンベンションに行きたかったし、
FAF salon『建築の「見る目」のひみつ』トークセッションを聞きたかったし、
2014 DESIGNING? デザイニング展を巡りたかった。
昔ばなし大学終了後、覗いたデザイニング会場は、家具ショールーム。
一昨年教えた学生が声をかけてくれ、社員として案内してくれたり、
椅子の捉え方が変わってくるほど的確な説明をしてくれた若い素敵な人が店長と判ったり、
3軒の家具ショールームはとっても楽しかった。
昔ばなし講義で過飽和状態でなければ、もっとデザイニング展巡りしたかったな。
て言うか、お祭りはきっと参加する側に回ったほうが楽しかろう。
a0210108_1821649.jpg
HermanMiller社2010年作SAYL Chair 宇宙的椅子でカッコいい!
a0210108_1826198.jpg
Panton Chair 美しく座り心地も良い。
a0210108_18264096.jpg
Algue 緑は葉、赤はサンゴのように見える。
このインテリアアクセサリーが、普通に販売されているのに感激。