<   2014年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2012年植樹祭に参加してからの2回目の育樹祭、雨の中の草取りでした。
思ったほど雑草は生えてなく、木々は順調に育っています。きっと日頃丁寧に手入れをしてるのでしょう。
2年前の藁や竹杭は原型を留めています。来年はどうなっているかな?
a0210108_13522663.jpg


折角早朝から出てきたので、朝一映画鑑賞「テルマエ・ロマエⅡ」
懐かしい昔の記憶の役者達が出てきて、笑いを誘うのはコメディ映画の面白いところ。
一般映画だと、前作の役イメージを頭から消すのに苦労するのに。
封切りされたばかりなので大画面スクリーンホール、背景もじっくりはっきり鑑賞でき得した感じ。
a0210108_13591765.jpg


あゝ、いとしのローマ!
あれ、スキーで草津は行ったことはあるけれど温泉街の記憶が無い!
えっ、あれは曙だったの?
ぎょ、文化が違えば、円形闘技場グラディエイター闘技も野球やサッカーのように見れるの?

エネルギー消費を「○○人工手間」と表示すると、無駄使い出来なくなる、
と思うのでした。
NOAちくご岩田屋子ども折り紙体験会には、こんな贅沢な折り紙ゴミ箱が置かれていました。
畳んだ姿も美しい。
装飾折り紙には、関心が向かないのだけれど、箱は琴線に触れます。
弄繰り回し、ひっくり返してもわからず、教えてもらいました。
折り紙って全く幾何学ですね。
a0210108_18131540.jpg
左半分は、たとう折りを応用、右半分は、3:2の紙を3分割する単純折り紙。
この箱は模様が入った両面折り紙がよく似合うようです。
4月24日OPENからにぎやかしいしい真前の店に折り紙を買いに行きました。
福岡市老舗デパート岩田屋で子ども折り紙体験会が今日4月27日まで行なわれています。
そのコーナーの展示作品です。
NOAちくごのメンバーが揃って作り上げた作品は夢があります。
4月例会で「チューリップ30個、菖蒲30個、葉っぱ軸付きで作ってね。白鳥と魚も」
と言っていたのがこんな形になっていました。
a0210108_17444419.jpg
他に川崎敏和作品と花咲じいさんパネル、竜宮城パネルも。
a0210108_17465257.jpg
a0210108_1747438.jpg

当たり前のことですが、
関心無で見ていた時と、自分で折り始めて見る世界は感じ方が全く変ります。
折り紙で物語を作り出す芸術もあるのですね。

私はひたすら川崎ローズ。もうちょっとお行儀よく並べたい。
良い材料が手に入ったので5月3日バラフェアまでに折り紙建築も頑張ります。
a0210108_1753517.jpg

昨年まではこんなだったのに、
a0210108_23212946.jpg

今日からこんなです。
a0210108_23525320.jpg

便利さは交通網だけにして、田舎は田舎のままそっとして欲しい。
それにしても、白と赤と黄色の配色は無いでしょう!
演習授業はそれなりの経験を積みましたが、授業形式の講義経験は、ほんのちょっと。
70人の学生を寝せずに90分引っ張るにはどうしたら良いのでしょう?

どんどん当てて忙しくする。
オマケ:当てた時返事が無かったら欠席扱いにする

→スピードが落ちて苦労しています。

毎回ミニテストをして要点を確認する。
オマケ:平均50点以下だと中間テスト、期末テスト受験資格停止

→テスト時間が短すぎると苦情集中!考えちゃいけないの、反射神経で答えるの!

ミニテストに質問・意見欄を設け何でも書かせる。
オマケ:授業開始時に「生協の白石さん」風回答をスライド表示する

→「速すぎる」「もっと詳しく」真逆の意見で混乱します。

これだけ工夫しても堂々と寝る学生、おしゃべりする学生がいるので、
時々吠えます。
「学ぶ気のない学生は出ていきなさい」
中学生にゲストティーチャーで教える事になりました。
100分×7回、もちろん折り紙建築です。
折り紙建築を使って幾何学、美術、図学etc.
空間認識プログラムつくりは これからです。

園児から小学生は日頃接している、
大学生は仕事相手、
主婦と年配者も地域活動で鍛えられた、
全年齢層対応OKのつもりが、中学生・高校生は、我が子以外未経験。
一番揺れ動く心の子ども達とどう接したらいいのか。
物語の中のティーンズは沢山知っているけれど。

まっ、素のままで行くしかないのです。
食事会で街までお出かけ。
チョッと長い道のりは、折り紙タイム。
家紋折り紙が有ったので兜にしました。
難しい兜も折れますが、13個も作るには簡単兜。
美容室に飾っていたのを解体して憶えました。
a0210108_094037.jpg

もちろん食事会でハサミチョキチョキ折り紙建築もしましたよ。
新年度”わいわい”が始まりました。
兄ちゃん姉ちゃんにくっ付いて来てた子が小学生になり、保護者同伴で無くなったり、
新一年生の親子が始めて参加したり、
そんな中でも眩しいのは、大学一年生の新人スタッフ達!
育ちの良い学生たちは、一つ一つ「どうしたらいいですか」「なにをしたらいいですか」と聞いて来ます。
「私から指示はしませんから、自分で判断して動いてください。
ここは子どもの居場所ですから、一方向に子どもを強制することはしません…」
基本注意事項だけ話し先輩学生にお任せしました。
先輩学生には、「自分が働くのではなく、後輩を誘って動かして」と注意をしました。
反省会で、
「小学校では授業のイメージだが、”遊び”だと子どもの個性が一番出てくる」
「子ども達一人ひとりの個性が、時間がたつと見えてきて、それらを生かしていかないと、と思った」
「私を○○ちゃんと直ぐ呼んでくれて嬉しかったから、子ども達全員の名前を早く覚えたい」
など、参加者のマジメさと意識の高さを感じ、
「もっと力を抜かないと続いていかないよ。」と茶化してしまうのでした。
a0210108_18375277.jpg
人数が多い時はカレーライス!
a0210108_1847548.jpg
紙棒ハウスの出来上がり。
a0210108_18364689.jpg
カプラに集中する子ども達。
a0210108_18361352.jpg
第二章は、こんな作品。
a0210108_18391878.jpg
晴れた庭では、もちろんシャボン玉!
一昨年に続き二回目ののよっちゃん祭に。
ぶらりぶらりと津屋崎千軒を歩いていると、知り合いに其処此処で会います。
二年前とえらい違い。
殆どプチ・交流起業塾で一緒だった人たち。
交流起業塾は生きている!
三菱地所アルティアムで行なわれている「大空気展」は、刺激的な展示会でした。

東京五輪国際招致PRフィルム「Tomorrow begins〜未来(あした)がはじまる〜」は、
九州芸術工科大学出身江口カンさん率いるKOO-KIの作品。
福岡で世界最先端画像を作っている事務所のだとは、知っていたのに、
大空気展=KOO-KIの画像展とは、なかなか結びつかず、会期末に滑り込みです。
タブレットを絵コンテにかざすと画像が現れて、それだけで楽しい。
画像がそれぞれ趣向が違ってハイセンスなのが、また楽しい。
a0210108_0572918.jpg

全部覗けず、今日第2弾鑑賞の都築響一さんトークへ。
こちらは、埋もれた人を掬い上げる独自の審美眼持ち主の写真とその話。
人って皆生きている証を残している愛すべき存在と見せてくれました。
a0210108_0562932.jpg
松楠居オーナーの都築響一さん歓迎お花アレンジ。アルファベット文字ディスプレイって一般売りされてるのね。