<   2014年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

白紙に戻った制作に、いままでの緊張感が途切れて
眼をつぶっていた諸々の仕事を片付け逃げ回っていました。

いざ取り掛かってみると
サクサク作図が出来てビックリ。
何本も補助線を引っ張って交点を見つけていたのに、2面だけでサックリ出てくる!
平行にするとこんなに楽!
今までの苦労はなんだったのかしら?
初期エスキス製作を見ると、平行なんですね。
ぐるーと回り道して元に戻ったみたいで悔しい。

さて、もうひとふん張り!
昨日1月30日は、良いニュースもありました。
小保方晴子研究者のSTAP細胞開発に、未来がまた開けたようでドキドキします。
子どもの頃読んだSFの世界が現実に起こりそうで危うさも孕んでいますが、
とっても簡単なストレスで動物細胞が初期化するなんて生物そのものの神秘を感じます。
何より発表者が30歳の若さだと言うのが活かしています。
まだまだ学問の世界は権威と序列の社会だと思っていましたがそうでもない所があるようです。
若い研究者の名前で発表された論文に世界の絶賛の声が集まっているのは
オリンピック同様元気が沸いてきます。
今日の読み聞かせは、節分が近いので鬼が出てくる話。
本棚を眺めて取り出したのが、「じごくのそうべい」と「鬼が出た」
チョット長いかな?「じごくのそうべい」は楽しいからいいかな?
今日のクラスはとってもいい子達でしっかり聞き入ってくる。
地獄って本当は怖いはずなんだけど、楽しいお話ですね。
指紋が磨り減ってページがめくれず1ページ飛び抜かしてしまったの、ゴメン。
声がガラガラで、ゴメン。
(まだ喉が治りません)

体がシワシワしてきて、ヤバイと体重計に載ったら2kg落ちている。
アブラハム・マズローの言う
「生理的欲求」「安全への欲求」「社会的欲求」「自我欲求」「自己実現欲求」
の後半の部分が強くなると、食欲、睡眠欲などの前半の部分が抜け落ちてくる。
どうも余裕がなく危ない。
”わいわい”では、ご飯を子ども達と作ります。
ご飯とお味噌汁が自分で作れたら食事はどうにかできます。
一緒に賑やかに食べる事も大切にしています。
今こそ共食が大切だと思っています。
時に、40人分(そうめん流しは100人超え)にもなる食事ですが、
決算書を見た自治会長さんが、「そんなに食費が少ないの?」ですって。
大根70円、人参100円、米360円/kgです。
素材から作れば大した金額にはなりません。
よそで非難されるようなお金の使い方はしてませんよ。
チラシ印刷も小学校でしているから用紙代だけです。
で、
圧縮して余裕がでた分で、買っちゃいました。
カプラ!
子ども達と遊ぶためです。決して個人の趣味ではありませんよ。
a0210108_1553771.jpg

1月23日、武雄市図書館に行って来ました。
図書館入口回りは視察団の人々、相変わらずの人気です。
今年4月は、一周年記念のイベントが目白押しだとか。
そんな事とは関係なく、図書館は穏やかに温かく向かい入れてくれました。
コーヒーの香りは鎮静効果があるし、心地よいBGMと
曲面の大空間と天井の梁の木、床の木、書架の木、眼にも優しく
居座りたくなるところです。
CCC(依託管理会社)の方がスニーカー履きなのも好感が持てます。
武雄市役所のFB発信を見ていると、ここが好きになって移住してくる人が増えているそうです。
武雄市民と話した機会は少しですが、町を愛する心が伝わってきます。
道行く見知らない人が挨拶してくるのは本当でした。

(武雄市図書館内部写真は撮影許可を得て撮っています)
a0210108_2132164.jpg
室内はここからの眺めが良い。折り紙建築化出来るか?
a0210108_21305892.jpg
特設書架棚
a0210108_21313521.jpg
児童書コーナー
a0210108_21302661.jpg
裏玄関(活用されてない穴場空間)

帰りに、武雄神社の大楠武雄温泉楼門を見ました。
歴史が有り、また新たな歴史を作り出すエネルギーがある街って魅力的です。
a0210108_21352217.jpg
くぐり輪がある武雄神社
a0210108_1536312.jpg
さすがに神聖な空気が流れていた。
a0210108_21371818.jpg
内部に祠がある
a0210108_1537773.jpg
設計:辰野金吾、東京駅に欠けている子(北)、卯(東)、午(南)、酉(西)がここにあると言う。
2013.07.21福津市立図書館個展
2013.07.21福津市立図書館個展

2012.10~2013.03福岡女子大図書館学生作品展示
2012.10~2013.03福岡女子大図書館学生作品展示

2012.11.24~津屋崎千軒なごみ個展

2012.11.22FAF設立記念パーティー展示
2012.11.22FAF設立記念パーティー展示

2012.12チラシ

2012.10.28ふれあい公民館展示

2012.10.9ペインティングギャラリー個展
2012.10.9ペインティングギャラリー個展

2012.07.23福津市立図書館学生展

2011.12.17津屋崎千軒なごみ個展

2011.10.29ふれあい公民館展示

2011.08.17福津市立図書館個展

2010年12月福津市立図書館展示会
2013.12.12&12.14松楠居クリスマスWS

2013.11.30福津市立図書館クリスマスWS

2013.11.16”わいわい”ハサミWS

2013.11.06赤村地域文化祭ハサミWS

2013.09.01NOAちくごハサミWS

2013.08.23 FAF親子ハサミWS

WS道具

2013.07.28福津市立図書館「図面を書いて住宅をつくろう」WS★★

2013.07.27福津市立図書館「自分の形をつくろう」ハサミWS★

2013.07福津市立図書館ミニWS★

3013.03.04勝浦小学校WS

2013.03.03NOAちくごWS

2013.03.02九州オンナの書斎お雛様WS

2013.03.01津屋崎保育園ハサミWS★

2013.02.28津屋崎小学校2年生ハサミWS

2013.02.08福岡女子大最終授業WS

2013.02.06津屋崎小学校事前学習会ハサミWS

2012.12.10上西郷小学校4年生「家族の顔をつくろう」WS★

2012.12.09福津市立図書館クリスマスWS★★


2012.12.02津屋崎千軒なごみクリスマスWS★★

2012.10.27赤村小学校文化祭ハサミWS

2012.10.22西井塗料産業ハサミWS

2012.10.10西井塗料産業「図面を書いてオリジナル住宅をつくろう」WS

2012.07.29福津市立図書館「図面を書いてオリジナル住宅をつくろう」WS★★★


2012.08.23神興小学校学童保育所ハサミWS

2012.07.28福津市立図書館「自分の形をつくろう」ハサミWS★★★

2012.07.27福津市立図書館ミニWS★

2012.06.01神興幼稚園ハサミWS★

2012.05.10福岡女子大階段作品★★

2012.04.26福岡女子大住宅作品★★

2012.02.26津屋崎小学校2年生ハサミWS★★

2012.02.24津屋崎保育園年長ハサミWS★★

2012.02.23事前学習会

2012.12.11福津市立図書館クリスマスWS

2011福岡女子大学生作品

2011.08.21福津市立図書館「図面を書いて住宅をつくろう」WS
2011.08.21福津市立図書館「図面を書いて住宅をつくろう」WS

2011.08.20「図面を書いて住宅をつくろう」WS★★★

2011.08.07ふくつ読書まつりハサミWS★★
ツアー集合場所がバンコク中心部ホテルなのでバンコク繁華街は歩き回りもしたが
シンガポールの繁華街は何処なのだろう?
何処に行ってもMarina Bay Sandsに行き着くような動き方をしていた。
シドニーでのオペラハウスのようにどうしたって引き付けられてしまう。
大きさ、奇抜さで魅入られてしまう感じ。
a0210108_224286.jpg
a0210108_2231246.jpg
a0210108_22424891.jpg
a0210108_22431367.jpg
模型の方が理解しやすい。
a0210108_22441114.jpg
展望階より。
a0210108_22444920.jpg
共用地上階エントランス部分。スケールアウトで頭がくらくらする。

隣地に立っているEsplanade(ドリアンのホール)が魅力的だったのに霞んでしまうのが勿体無い。
a0210108_22461584.jpg
a0210108_22592150.jpg
これも模型が解かりやすい。
a0210108_22465699.jpg
エントランス展示人形が秀逸
a0210108_22472591.jpg
ホールが使われている時来たかった!

シンガポールは、今でも建設ラッシュが続いているのでまだまだ発展していくのだろう。
見に行ったマラッカ海峡のように、そのうち歴史だけが残っている場所になったりしないだろうか?
教育に力を入れているそうだから、そんな心配は要らないのだろうけれど。
タイ3日目は、カンチャナブリー戦場に掛ける橋を見学しました。
映画は、大昔見たような見てないような…
ツアーガイドは、
ここで英国人何万人、和蘭人何万人、タイ人何万人、日本人千人が亡くなった。
〇〇墓地にお墓がある、日本人1千人の遺骨は日本に送られた。
と解説されました。
ここに歴史があるとハッキリと自覚します。
直接的でなく数で現実を突きつける所がプロの技。
それ以上は個人で調べれば資料は沢山出てきます。
a0210108_23262826.jpg


「NHKドラマ『足尾から来た女』についての疑問」という投稿を読みました。
「初期社会主義者を歪曲化して表現している」と書かれています。
そうなのかもしれないし、違うかもしれない。
全く知らない世界です。
知らない→ドラマで関心を持つ→関連記事がアンテナに引っかかる→調べる。
それでいいのでしょう。
新しいことを受け入れる気持ちと真偽を見分けるある程度の知恵があれば、
知らないのは恥ではない。

関心を向けるキッカケ作りが一番大切なのだ
と、勝手な解釈。