<   2013年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

7月28日「図面を描いて住宅をつくろう」ペーパークラフトワークショップは、
参加者14人に対してスタッフが7人と言う贅沢な布陣でした。
最初プレカット折り紙建築起しに手間取ったので、
大幅に省略して、斜投影図の実践を省いてしまいました。
結果は?企画者の私には心残りですが、参加者には混乱無くサクサク進んだようです。
こんな作品が出来ました。
a0210108_22565829.jpg
合評会

a0210108_22573994.jpg
ま小6 摩天楼

a0210108_2315563.jpg
吉小1 タージーマハール

a0210108_2324191.jpg
吉小5 中庭住宅

a0210108_2341556.jpg
西小5 二階建て(インナーガレージ付)

a0210108_2345256.jpg
西小1 台形

a0210108_2352979.jpg
西大人 二階建て

a0210108_2392184.jpg
和小6 三階建て

a0210108_2395964.jpg
和大人 二階建て

a0210108_23104541.jpg
鳥学生 階段屋根

a0210108_23115518.jpg
大小5 二棟建て

a0210108_2314773.jpg
スタッフの仕事(ここは違う、ここが不安定と指摘すると直ぐ修正。これは修正前)

厳重注意を受けていた時間内にきちんと終わりました。来年はもう30分頂戴!
9ヶ月も選書をしていたから、終わってみると物足りない。
盆開けに【真夏の書斎・百物語】恐ろしい話を集めるんだって!
児童書に恐ろしい話なんてあったけ?
図書館の絵本を探ると結構出てきます。
明日は児童書を探すかな?
「時をさまようタック」「おやすみトムさん」「白い人」「水の精霊」「父のしたこと」
など見方によって恐ろしい話ですね。
絵本・児童書で占めちゃうかも?
推薦本お待ちしています!
a0210108_21241280.jpg

行事が終わって余裕が出ると視野が広がります。
本屋を覗くとこんな本が目に飛び込んできました。
a0210108_2125246.jpg
a0210108_21244181.jpg
サラリーマン体操の近藤良平の作品というだけでクスクス笑えます。自分の体を使って表現したくなります。
ひらがな文字折り紙建築化で「み」「む」「ゆ」「ぬ」など、散々苦労したので
なるほどと納得したり、やっぱり難しいねと苦労を共有したりしています。
こんな絵本が出来るなら、
「建築体操絵本」や「折り紙建築ひらがな絵本」なんてどうだろう?!
後者は飛び出す絵本で作ってください!
例年この時期ペーパークラフト展示とワークショップをしているので振り帰える余裕が無く
歳を取るのを忘れています。
今年は、展示会&ワークショップショップ最終日と重なり、
友達来訪者やFB友達メッセージを多数頂き
無事誕生日らしくなりました。
極めつけは、子どもからの花束と誕生日ケーキ!
桃丸ごとのケーキにビックリです。
バラも4月にじっくり観察したので美しさがわかるようになりました。
ありがとうHさん。
a0210108_23391548.jpg

今日は、ハサミで「カタチを作ろう」ワークショップです。
36人14組でしたが、家族総出でのところも有り+3、4名の大盛況でした。
余りに進捗状況がバラバラで足並みをそろえて進めていくのは最初から諦め。
最初の階段も折れる所まで、数学的な話は無しです。
それでも自由製作時間をたっぷり取ったので、思い思いの創意工夫の作品が出揃いました。
「失敗!」と本人が思った切込みを生かす周りの助言も生きています。
a0210108_21233275.jpg
合評会
a0210108_21234985.jpg
すだれ
a0210108_2124266.jpg
ウェーブ
a0210108_21241542.jpg
ダンディ
a0210108_21242716.jpg
二棟ビル
a0210108_21245151.jpg
3棟ビル
a0210108_21253149.jpg
ヨット
a0210108_2125442.jpg
街並み
a0210108_21255947.jpg
凸凹
a0210108_21261214.jpg
2列階段
a0210108_21262598.jpg
富士山
a0210108_21263936.jpg
僕の顔

終わって明日の勉強会。
「何のためにこの図面がいるのですか」「三面図で充分でしょ」とプロの指摘は手厳しい。
スタッフ皆で解かり易いワークショップをつくっています。
a0210108_21364937.jpg

ハサミで階段はハサミが使えれば誰だって作れるのですが、今日は記録更新。
三歳でも階段が作れました。
a0210108_23433544.jpg


小学3年生がハサミだけで三十一段階段を作りました。
a0210108_23442369.jpg

限界はない!

今回は、FB発信や案内状も出しました。
朝一番、建築家の方、最後は大学の大先輩がいらして恐縮しています。
大先輩曰く
「レベルが上がりすぎると一般の人は引いてしまう。
これなら自分にも出来ると思える単純明快な線一本のような作品も欲しい」
確かにどんどん細かく作っているような所がありました。
ザックリ形を捉えた折り紙建築は、次回の課題です。
明日から2日間ワークショップ!
今年の芝居はこれ!と思っていたのです。
加藤健一が2010年に東京で上演すると記事を見たときは上京しようかと思った位です。
TV映画が2000年ですって。もっと前に見たように思っていたのですが。
すぐ本も読み、言葉一つ一つに生きている意味を感じたものです。
福岡市民劇場最終日の今日鑑賞しました。
加藤健一の前回の芝居「詩人の恋」と同じかそれ以上の素晴らしい芝居でした。
でも何か違う。
期待が膨らみすぎたのか、心に余裕が無さ過ぎたのか、
表面上は感動しているのに、響いてこないのです。
とても勿体無い事をしました。
気持ちに余裕のあるとき、もう一度観劇しようっと。
(九州を回ってるうちに追いかける?)

「詩を作ったから誕生日を書いてくれ」と面識のない方に言われました。
その人は昼前にいらして作品を見るでもなく自分の話を延々とされて行きました。
市長にも、安田祥子さん・由紀さおりさんにも既に400枚色紙を贈ったといわれます。
午後持ってきてくださった色紙を眺めると、ますます私の行動を観察してたのかと思いました。
85歳の長老になると語呂合わせであっても、人の本質が見えるのかもしれない。
ここまで書かれると雑念を払い進んでいくしかないでしょう。
a0210108_2392626.jpg

ペーパークラフト展示会で興味を持ってくれた人とその場でハサミワークをします。
ハサミが使える四歳から折り紙建築の階段が出来るので完成すると皆大喜びです。
ところがそこまでが結構たいへん。
話が聞けない子、手と頭が別行動する子、ハサミの使い方をしらない子、直ぐ飽きる子…
その子達ののお母さん(お祖母さん)は、静かに待っているのです。
「聞いてからしようね」「もうチョッとだよ」「お母さんと一緒に開けようね」
人様の子だからゆったりと見てられるけれど、20年前の自分を振返ると恥かしくなります。
母は偉大なり。
a0210108_23193634.jpg

今日は、カーネーションディスプレイ一等賞祝と誕生会を兼ねて、
海が見える店で食事です。
ウニが絶品!アナゴの天ぷらがまた美味!
こんなに食べてビックリするほど安い!
海が近くって山も近い福津市はやっぱり住みたい町ベスト3に入る実力がある!
a0210108_22313932.jpg
a0210108_22341496.jpg
隣の店では海仲間のバーべキューをしていた。