<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

”建築ジャーナル”2月号の椎名政夫の文の中の
「開発と言い開発主義と言っても、
お互いに言葉の定義を共有しなければいけないこともそこで学んだ。」

にひどく納得しました。
すれ違い議論の多くは、言葉が同じ方向を向いていない所為かもしれません。
初めての仕事相手には、主語も述語も文法語順に乗ってはっきりと言います。
カクカクして、くどく、他人行儀の言い回しですが、土俵を同じくするために必要でしょう。
ところが家族間では、
「ハシ出して!」
「橋?箸?」
「其れ取って!」
「其れって何?」
言葉の定義を求めると、ケンカを撃ってるようで、まずい事になります。

「て・が・き」で五七五
手を使い cutとhold 切り紙POP
「こ・と・ば」で五七五
今度こそ 特等賞だ 励む日々
今日の「言葉の森作文ネットワーク」のテーマは、

子供の対話の予習のために、大人どうしのお喋りが役に立つ。
これが対話の教育の仕組みなのです。
「お、と、な」又は、お「しゃ、べ、り」で五七五


でした。
投稿内で、こうありたいと唸るほど素晴らしかったのは、

お話は とことん聞いて なお褒めて

です。
私の使わずにいた脳細胞が動き出したのは生活の言葉から

美味しいね 採れたて野菜 ナスと瓜
「言葉の森作文ネットワーク」というサイトを初閲覧したら、

今日のテーマは、親子の対話。
「お、や、こ」「た、い、わ」で五七五


ですって?!
何のことか判らず、投稿を読んでやっと理解。
で、私も一句。

おーこれだ やっと解った 子の気持ち

ただ今は 忙しすぎる 解ってよ

遅いけど やっぱりわが子 答えてよ

語彙不足だけれども、テーマに添った自戒の句が出来たかな?
ブログは作文帳、Facebookは双方向通信かしら?
ブログは、加筆修正が自由なのも作文帳のように感じます。
雑文でも書き続け、手を加え磨いていけば、少しは形になってきます。
私も完璧ネット中毒!?
折り紙建築は創作していると、ちょこちょこ弄繰り回しオシマイが見極めきらなくなります。
締め切りがあれば、手放した時点で一切考えなくなるのに、
Enter keyを押して送ったのと同じ=締め切りを、決めないといけませんね。
この二週間アルファベットに夢中です。
学友に贈ったカードの文字はまだ未熟でしたが、
やっと折り紙建築的文字カードが創れるようになりました。
諸先輩方が既に美しい折り紙建築文字を創っているので、
真似て学んだ後は、新たな挑戦です。
「読めない」「美しくない」「感動がない」と家族には不評ですが、
一ひねり、二ひねりしているところが、私は気に入っています。
ありがとうカード、誕生日カードを、知人にバンバン送っています。
読めているかな?喜んでくれているかな?折り紙建築に興味持ってくれるかな?
a0210108_0143263.jpg

     学友の訃報が続き内省的になっていましたが、紙を切って制作していると心が落ち着きます。
      2人の友の冥福を祈り、今までの交友に感謝します。Thank You.

”わいわい”のこれからを友と話し合いました。
続ける事に意義がある、必要とする子どもがいるから開く、
今まで頑張ってきたから潰すわけには行かない、など理由付けしていました。
毎回サークルをこなす事だけに集中して、問題点を見ないようにしてきました。
それを凝視すると、
一人では安全面に責任を持てないと自覚した途端に守りたくなりました。
いやだいやだと思いながら本当は、私は子どもが好きなのです。
絵本に出会ったのも、児童書に夢中になるのも、厄介な”わいわい”を続けているのも、
ペーパークラフトWorkshopを開くのも、みんな子どもと繋がっているのです。
自分の気持ちを素直に認め、子どもと関っていきましょう。
私は子どもが好きです。
「ペーパークラフトワークショップを親子レクレーションで出来ませんか」とのうれしい依頼。
でもチョッと問題が・・・
小学2年生4クラス120人児童です。保護者も加わったら一体何人になるの?
それで、担任の先生と役員さんに指導員に為って貰い、私は巡回して補佐することに。
今日は、指導員養成講座です。
見本作品を並べて、
「階段と顔を作りましょう」
「こんな細かいの2年生で出来るんですか」
「4歳の子が先週つくりましたよ、折るのは子どもの方が上手ですよ」
さあ、実習の始まりです。
自由制作に入ると
「ハサミを何処まで入れたらいいんですか」とHow toを知りたがる先生、
3作品で飽きてしまう若い役員さん、
子どもの反応と全く同じです。
「様々な顔つくりに集中できたらそのままで良いですが、
今の皆さんのように仕事で疲れてここでまたお勉強で
厭きて来たら別の課題に移りましょう。」
とスリットと自由画による飛び出し立体に挑戦。
一時間で6作品ぐらい作ったところで合評会です。
「自己反省は家でする、ここでは自分を褒める、頑張った所、工夫した所をアピールする、
反省の言葉が出たら、罰としてクッキーを焼いて次回皆に振舞ってもらいます」
と11人の新米指導員さんに発表してもらいました。
人と違った工夫点を見つけて、私も一杯褒め千切りました。
さあ、これで自信がついたかな?
本番は2週間後です。
担任の先生くれぐれも、怒っちゃダメよ、急き立てちゃダメよ。
作るのは楽しい、工夫すると新しい顔が出来てもっと楽しくなる。
楽しい親子レクレーションにしましょうね。
a0210108_23271574.jpg
a0210108_23264789.jpg
a0210108_23262734.jpg

これ読めますか?
「たんごは さいょしと さごいが あてったいら 
ちうゅかん が ひくっり かっえて いても いみが つじうる」
Facebook投稿に
「単語は、最初と最後が合っていたら、中間がひっくり返っていても意味が通じる」
ように脳が読んでくれるとありました。
ならば、文字として認識してくれるぎりぎりの省略形は何処だろう、と
文字の折り紙建築に挑戦中。
前回UPした「thanks」をもっとかっこよく創りたいがためです。
またも訃報。
落ち込みます。
故人の最後のブログを読んでいると別世界に誘い込まれ、何も手が付かなくなりました。
これはマズイ。
エスケープするつもりだった会議に出席するべく都会に出ました。
丸善と東急ハンズを歩き周り、街の風景と街行く人をキョロキョロ観察し
ここは生きている世界だと確認しました。
会議の帰り、あまりの空腹でミスドで休憩。
私は生きています。
今日の”わいわい”は雨の中、十三人のちびっ子が集まりました。
コマ回し、羽子板つき、けん玉、カルタと正月遊びをしましたが、
何てったてダンボール遊びが一番。
どんどん組み合わせて迷路トンネルが出来ました。
ところどころ顔出し穴も作ってあります!
ワンパク坊主も集中して夢中になって作りました。
お昼ご飯は、先月のリクエストで博多雑煮です。
アゴダシを取って、カツオ菜、里芋、人参、かまぼこ、もち、魚は鶏肉に変更して
ほぼ再現できました。
皆でいただきます。
a0210108_19184091.jpg
a0210108_19182042.jpg
a0210108_19175967.jpg