<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「これ雑誌に載ってたね、改修計画をするんだ、階段、エレベーターは如何するの?」
「グループ配達は取りに来てくれるから楽です。
個人配達はアパートの4階まではどうにかなるが5階のエレベーター無しはしんどい」
大体目処が立ったけれど、まだモヤモヤしてて手が出せずにいた箇所をツレの指摘と、
生協の配達員の話で全体が見えてきました。
迷路から抜け出すには、たった一言で良い。
一人だと悩み迷い、見えなくなってきます。
いつでも覗いて声掛けをお願いします。
外からの意見<議論<ブレーンストーミング が大切ですね。
ありがとう、やる気になってきました。
「20年の歴史を生命の樹みたいに絵したらどうかしら?
20年前に生まれた絵本が今も読み継がれているとか、
それぞれのサークルがいつ生まれたとか」
来年度は福津市立図書館20周年だそうです。
子ども読書連絡協議会もそれに向けて準備をしようとの話です。
毎月会議をするんだって!?
言いだしっぺには責任が付いて来ます。
読書まつりのときパネル展示するだけのサークルだったのが、そうは行かなくなりました。
堀文子やニュートリノ、木城えほんの郷を同時進行で話題にできる会議は面白いですけれども。
       中村桂子”生命誌絵巻”
a0210108_18593677.jpg
「冬休みのペーパークラフト教室しますか?」
「次回は簡単にできるものにしましょう。」
夏休み工作教室が終わったらもう冬休みです。
クリスマスらしくて、ハサミで簡単にできて、応用発展できるものは?
サンタ、ツリー、エンジェル、星、雪、プレゼント箱、ロウソク、トナカイこんなのできるかな?
左右対称基本の形を印刷して参加者が枝葉を書いてハサミで切って作るのは?
前回とはまた違った応用作品が並びそうです。
ならば、発表会も含むプログラムですね。
ワークショップはとまらない!
葉脈の次は、植物繋がりで茎断面です。
これも1997年の展示会用。
コツコツ刻むのが慌しさを忘れ気持ちよい時間でした。
黒と白の切り絵をずらして貼って陰影を出したのですが、解りにくいですね。
今だったら、大胆に染めた色をバックに貼ります。
植物に思い入れがある訳ではないけれど、生物の時間は楽しかった。
タモリは生物分類表を諳んじて、まだ記憶力は確かだと確認すると言っていたから
皆、結構楽しんでいたんじゃないかしら。
高校時代の生物は、週3時間。
2時間は実験で植物の気孔を覗いたり、カエルの解剖をしていました。
化学も実験中心、家庭科も料理だけだったから台所実験のようなもの。
文化祭も体育祭も燃え上がっていたから
結構充実した高校生活だったのでしょう。
a0210108_17444697.jpg
いつまでも夏の絵はまずい、切り絵だけは、季節のものを飾りたい。
ちょっと早いけれど、気分はもう秋だから、これで良いかな?
裏書を見ると1997年2月ですって。
模写から抜け出すために如何しようと考え、葉脈なら切りごたえ充分と取り組みました。
ひねったり色気を出す余裕もなくただ実直に切って並べた、オリジナル第一歩作品です。
14年前、とんでもなく慌しい毎日だったのに、こんなことをする時間は作れたのですね。
a0210108_1742317.jpg
こっち修正、あっち補正して、また原案に立ち戻り、
どうにか姿になりました。
これで、完成!

四面異なる立面を持つ住宅を180°タイプ折り紙建築にするのは結構難しかったです。
北面と東面が噛み合う形になっていますが、
開閉し0°、180°になります。
壁の四隅もきちんと合います。
切妻大屋根もぴったり閉じるようになりました。
6月からの宿題の一つがやっと終了です。
a0210108_19561374.jpg

       試作品たち
a0210108_19572110.jpg

お彼岸の中日。
竹灯まつり用和紙カバーの祈りの言葉書きを、字の上手なMにお願いしました。
筆ペンを持ちスラスラ十数枚書いてくれました。
歌を詠み筆で字を書く時、墓に花を生ける時、これが教養なんだと見とれます。
「昔あるところの王様は、捕虜に七歩歩く間に詩を創るか死を選べと命じた」
の話になりました。
千夜一夜物語然り、教養がないと首がとぶ時代もありました。
a0210108_23411994.jpg
「群れない 慣れない 頼らない これがわたしのモットーです」
「構図は理性、色彩は感性」
「無心になれたとき宇宙の流れをもらう」
いつも新しい世界を作り出している堀文子は93歳、生きる覚悟が違うみたい。
まだまだこれからです。
「この天気だもん、だ~れも来ないかもって心配してます。聞きに来て!」のメールに
藍の家でのリコーダー演奏会に行きました。
バスリコーダー、コントラバスリコーダーを初めて見ました。
素朴なリコーダーの音と古民家会場の相性はぴったり。
30人以上の観客に緊張した8人奏者のハーモニーは大変そうでした。
一生懸命な演奏に心の中で声援を送ります。
合奏という相手とハーモニーを作り出す羨ましい世界でした。

「老後もずーと続けられるリコーダーを始めた。子育てが終わった今が新しいことの始め時」
と聞いたのは、3年近く前の子どもの本を読む会例会時です。
私は何をして生きていくんだろう、と考え始め、
ペーパークラフトにのめり込んで行った遠因の話です。
a0210108_1712109.jpg

このところ雨ばっかり。
どうぞ、天の神様、地の神様、月の神様、宇宙の神様
特別かぐや姫様
二日間のお願い、10月8日、9日を天気にしてください。