2017年08月16日
「森と生きる」の仕事関連で思いついた諸々

木の派生形物に関わって生きていた。
エコ生活を楽しめるのも自然環境維持協力者側でいたいから。

発注していた紙がドンと届いた。
自己消費以上の紙は保管場所を要する。
何を捨て場所を確保するか。生活姿勢も問われる。
シンプルな生き方をしてきたつもりだが、
断捨離は別次元の難問。
2017年08月12日
今日の美の巨人たちは「宗像大社」
タイムリーで感激。
と言うのも
沖ノ島の沖津宮を調べ始めた所だし、
辺津宮の解説が同級生だったのも。
シッカリと三宮を取材して映していたのが良かった。
ところが、直ぐ近くの宗像大社辺津宮は意識して見たことが無い。
人が大挙して訪れる前に見学に行かないと。
沖津宮は行けないけれどね。
a0210108_22264843.jpg

2017年08月11日
a0210108_014146.jpg
「ぺぱぷんたす」小学館をやっと手に入れる。
「デザインのひきだし」グラフィック社の子どもバージョンのような本。
紙ってホント楽しいね。
表紙に「001」って書いてあるので裏を覗いてみたら、
好評なら冬に2号を出すって!
愛読者カードを送って応援しよう。
ツムツムと一緒に遊べる3年後まで継続出版して貰わなくっちゃ。
a0210108_005942.jpg

2017年08月10日
最終日に、駆けつけた展示会。
マティスやミロのようなフォルムを生かした絵やふんわりした絵画があり、
どれもホカホカ幸せな気分になる。
版画のようでもあり違うような不思議な風合いを聞いてみると
Giclee(ジクレー)と言う印刷だそう。
手書きでは修正できないもどかしさからレイアー分けのできるデジタル絵画に移行し
印刷技術探求からジクレーに行きついたのだそう。
紙も竹和紙、漆喰紙など素材に寄り仕上がりが異なってくると言う。
絵画の話も もちろんなのだが、技術的話が面白くってもっともっと聞きたかった。
9月個展ではゆっくり時間を取って行こうっと。
a0210108_00120338.jpg
a0210108_00105427.jpg

2017年08月8日
新企画中は緊張する。
絶対成功するとテンションが上がったり、
暫くすると
私が始める必要があるのかと自問自答したり
誰も振り向いてくれないと落ちこんだり
感情が上下する。
反応が今欲しくって、
PCを覗きこんだり、ポストの前をうろついたり。
人の感覚は異なるのだから期待しない、
楽しいと思ってくれる人に巡り合ったらメッケモノ
と思うことにしよう。
人の生きる意味は、「受け取って」「考えて」「真似して」「伝える」こと
って岡田斗司夫さんが言っていましたよ。ってUさんに言われた。
人としての当たり前の感情なのね。
前に進まなくっちゃ。
2017年08月03日
福岡市六本松で打ち合わせ。
箱崎と違って歴史的建造物は無かったから、六本松に特に郷愁は無い。
しかしながら、
再開発は100年残る優秀なデザインであって欲しい。
ツルッペラッは寂しいね。
これを見栄え良くカタチにするミッションは難しい。
a0210108_22321143.jpg

2017年08月02日
学童保育所に呼ばれ「カプラ®で遊ぼう!」をしてきました。
昨年、学童在庫2,400個では全然足りず、2,000個借りてのワークです。
カプラ高さ積み13m20cm日本一更新のニュースで盛り上がってるだろうと思って
今回は「高く積む挑戦をしよう」と、こんな準備をしました。
a0210108_1823593.jpg
a0210108_18231970.jpg
が、
1、2年生が2/3の45人!
日本語、通じません。
キャーキャー叫びます。
ひたすら走り回ります。
ぎゅーぎゅう詰(「ネル」のみ)で積みます。
a0210108_1824365.jpg
4,400個でも全然足りません。
ぶつかってくるから、
カマクラもナイアガラの滝も完成前に崩れてしまいます。
ヤットコサットこのナイアガラの滝で、締めることが出来ました。
a0210108_18263716.jpg
8歳以下の男の子は赤ちゃんと思って接すべし。
それでも参加したスタッフは、
子どもたちが、真剣に遊ぶ姿がみれて、感動しました。
環境がととのえば、子どもたちも楽しく
協力しながら遊ぶんだな~と感心しました(^o^)
だって。
優しいよね。
施設の応募してくる目的意識のある子と違って、
一般団体・学校では、素の子ども達との接触で、鍛えられます。
2017年08月01日
明日は「カプラ®で遊ぼう!」です。
施設から2,000個借用するので4,500個、これなら取り合いにならずに済む。
子どもって、遊びの中で発見し展開するのが本来の姿だが、
ちょっと達人が遊びに加わわると、幅が広がる。
そんなワークショップになればいいな。
カプラと、ちょっとご無沙汰していたのでカマクラを作ってみた。
手は覚えていて勝手に組んでくれるのだが、両足が攣って泣きたくなった。
暑いからって運動をサボったツケですわ。
a0210108_035818.jpg
a0210108_042053.jpg

8月2日追記
そのまま崩すのは惜しい。
支柱を少しづつ抜いていく。
135°近く支え無しで建っている!
a0210108_2240404.jpg

2017年07月30日
H知人Mailing Listより

幸せになる練習
   ■子そだては まつれんしゅう
   ■ふうふは ゆるすれんしゅう
   ■じんせいは わらうれんしゅう
   □しごとは がまんするれんしゅう
   □ろうごは おもしろがるれんしゅう
   □おしまいは あきらめるれんしゅう
2017年07月29日
今日7月29日は、福津市立図書館:夏休み工作教室ペーパークラフト「飛び出す椅子をデザインしよう!」でした。
「カッターが使えること」が参加条件なのに
園児5人を含む小学校2年生以下のチビッ子ばかり。
a0210108_11272152.jpg
そんな子どもたちの創った椅子は、この通り!
a0210108_22462290.jpg
参加者一人一人の「こんな椅子に座りたい」思いが溢れた作品が仕上がりました。
a0210108_22473124.jpg
園児は親と共同作業。
a0210108_22495461.jpg
ハートの椅子:E父、○○椅子:B年長、フワフワ椅子:A母
a0210108_22515798.jpg
猫とクッションが載った長椅子:C小2、羽根の椅子:C4才(紙小口にすべて切り込みが入り羽根の軽やかさを表現している)、○○キャラクター椅子:A年中(子どもの自由画が立ち上がった感・良いな)
a0210108_22575656.jpg
クマ椅子:C母、ひまわり椅子:C6才(密度の濃い絵が立体になった)
a0210108_2303364.jpg
コックピットの椅子D小1(二連椅子を製図する小2生姿も頼もしかったが「コックピット」と表現したのに驚き)、座り易い椅子:E年中
a0210108_2341850.jpg
犬椅子:C中2(流石中学生、2次元⇔3次元変換が出来ていた)
a0210108_2375599.jpg
花椅子:F小2(緻密な絵が立体になる)、ハートマーク椅子:F小4(♡が沢山埋め込まれている)
a0210108_23112572.jpg
○○椅子:B年長、今欲しい椅子:B母(座面高で華奢な今欲しい椅子を創ると作図したが座面高さを変えると全体設計変更の必要性を作成直前理解し再エスキス。製図講座に是非出席下さいナ)
a0210108_23105360.jpg
スタッフUさんが自作失敗談披露中。小さなお友達も熱心に聞いています。
こども達皆完成出来たのはUスタッフの力が大きい。
a0210108_864841.jpg

2017年07月28日
赤ん坊にとって、全ては新しい体験。
その瞬間に立ち会えるのは楽しい。
今日のツムツムは氷を口にし しかめっ面。
a0210108_11532386.jpg

二口目からはもう慣れてしまった。
初見は一瞬、快楽はすぐ慣れる。
2017年07月27日
やっと仕事が終わったと大喜びしてたら、
1枚足りない!
こんなのあり?
迷子になった場所検証し、一つづつ潰していくしかない。
暑さが堪えます。
2017年07月24日
劇団昴「ラインの監視」は厳しい芝居だった。
しかし良かった。(ストーリー)
「サウンドオブミュージック」や「風と共に去りぬ」の世界に迷い込んだような衣装や舞台美術の中で心理的駆け引きが行われ、最後まで緊張感が途切れず良かった。
市民劇場に取り上げられる芝居は戦争ものが何故か多い。
直接的なのは食傷気味なのだが、こんな鑑賞者が背景を想像する芝居なら見れる。
サロン壁面を全部布仕上げにするのも地方巡りの舞台では有効かもしれないと視ていたら
(サロンを一点透視法で作り上げていてテラス窓が水平垂直で垂れ壁が一点透視法から外れているのが気になってしょうがなかったのだが)
NHKTV「仕事の流儀」宮沢りえの舞台稽古を見て
「壁にシワが寄っている!」とツレが叫ぶのに 笑えた。
愛らしかった宮沢りえが、本物の舞台女優になっちゃった。
「自分をもっと疑え」=どこまでも上を目指す
「相手に対して本当に誠実であること」って、なんてなかなか言えない。
大竹しのぶと宮沢りえ共演の芝居があったら絶対観に行く!
a0210108_23381372.jpg

2017年07月23日
昔ばなし大学再話研究会5班の4番目挑戦再話は、
魚売りがにわか武士になる話。
5班の英知を毎回出し練ってもなかなか解決しません。
時代背景がなかなか掴めず、言葉を選べないから。
博多は商人の町、福岡は武士の町です。
博多に指南所が在ったの?
早がけの殿さまの観戦位置は何処?
などなど、時代考証が必要な個所が出てきて再話を苦しめます。
頭がもうろうとしてくるのは、この暑さのせいではありません。
2017年07月22日
九州大学伊都カンバスに初めて足を踏み入れた。
まだ建設中。
a0210108_22455897.jpg
a0210108_22462359.jpg

椎木講堂コンサートホールでのコンサート
良い機会だからと参加。
今まで写真で目にしてきたキャンバス実物見るのは不思議な感じ。

歴史や文化は長い年月を掛けて積み上げて創りだすもの。
明治期から歴史を刻んだ箱崎キャンバスを捨てて
この地でどんな文化が生まれるのか知る術はないけれど
箱崎キャンバス解体現場を見ると心痛む。
a0210108_22545066.jpg
a0210108_2255769.jpg
a0210108_22574735.jpg

コンサートそのものは、とても楽しかった。
知ってる曲「新世界より」の、音を出してる人と楽器が見て取れるのは楽しい。
a0210108_22485386.jpg
a0210108_22491148.jpg
a0210108_22493126.jpg
a0210108_22501100.jpg
a0210108_22501951.jpg
私は、技術と社会と文化と芸術を統合した学問を大学で学んだらしい。
それは感謝してるが相変わらず「社会」概念は薄いまま。
a0210108_225499.jpg

2017年07月18日
親子連れがどんどん吸い込まれて行く西日本総合展示場。
ここは、企業見本市みたいな使われ方をする所と思っていたのだけれど…
やっていたのは「トミカ博」

魅力の一辺でも覗きたいと思ったけれど、こぼれるのは音だけ。
おばあちゃんと園児の組み合せも結構いました。
プラレールは結構面白そうだし、その内仲間入りする?
私は隣ビルで一日中勉強講習会でした。
これはこれで、へとへとでした。
2017年07月17日
最近は、
新年度情報雑誌掲載の美術館・博物館年スケジュールを見て
東京や京都美術館めぐり計画を練るようになりました。
同窓会連絡で「日経大人のOFF8月号は力を入れたので是非見て下さい」
高校後輩が編集長なら、買わなくっちゃ。
「スラブ叙事詩」ほど感動する美術展はもう来ないだろう、と思っていたのに、
雑誌を覗くと、
アンチンボルト観たい、レオナルドとミケランジェロ魅力的、ジャコメッティもいい、
奈良で快慶展を見たんだから運慶展も見たいね、
なんて欲望が湧いてくる。
中川晃教が出るミュージカルBEAUTIFULが始まるみたいだし…
あぶないあぶない。
そんな私を見て「美術館行ってどうするの?」とツレ。
え?
感動するだけじゃだめ?

2017年07月16日
あら顔が小さくなっている?
ヘルパンギーナで3日間食べれなかったんだそうです。
こんな時は赤ちゃんも点滴するのだそうです。
今は、甘い食べ物の味を覚えて美味しいものにさっと手が出る頼もしい食べっぷり。
健康って大切ね。
a0210108_22284227.jpg

2017年07月16日
福津市立図書館で7月29日(土)
夏休み工作教室ペーパークラフト「飛び出す椅子をデザインしよう!」
を行います。
まだ余裕があります。
申込みは市図書館tel:42-8000
また、福津市郷育カレッジ受講締切は7月18日です。
有座担当は11月25日(土)「クリスマスカードをつくろう」です。
両方でお会いしましょうね。
福津市立図書館夏休み工作教室
http://www.library-fukutsu.jp/fukutsu/event/event.html
福津市郷育カレッジ
http://www.city.fukutsu.lg.jp/bunka/college/kouza.php
2017年07月14日
facebookは時として、個人行動を一般に配信するお節介をするようだ。
公開イベント「整理と収納を考える講習会 〜その家具、本当に必要ですか?」に
「興味がある」をクリックしたときも、「参加する」をクリックしたときも、
「いいね!」ボタンを押してくる友人がいるから判ったこと。
楽しい企画だし、テノ森にもっと人が集まって欲しいから構わないけれど、
私的行動公開は好きではない(こうやって書き込んで自分で公開しているけれどね)。
肝心の会はというと、
整理って人生観が現れると個人的には思うので、
厄介で手に負えないと思って参加したのだけれど、
free talkingの今日は、まさにそんな話になって、
決断を付けれない生き方をしてる私は永遠に混乱状態なのだろうと、凹んでしまいました。
まあ、
お釈迦様のようなテノ森家主とそれに惹かれて集まってくる人たちとのフランクなディスカッションはとても心和む時間ではありました。
2017年07月12日
講義室のプロジェクター操作やマイク類の操作機器は安全のため鍵付ボックス内です。
非常勤講師室カギホルダーにボックス鍵が見当たらず「ない!」と大声を上げたら、
初めて見かける非常勤講師の方が、
「結構あるんですよ。マスターキーが有りますよ」
と教えてくれました。
「え?4年目にして初めて知りました。全部、同一キーにすれば混乱せずに済むのに」
「プロジェクターが投影されなかったり、ケーブルがショートしていて映らなかったり、焦ることありますよね」
なんて話して授業に臨んだら、機械不良でプロジェクター投影されず、教室移動することに。
言霊(ことだま)に動かされてしまった(泣)。
2017年07月12日
九州もゲリラ的雨が多い熱帯雨林気候になるんだろう
位にしか思っていなかったのが、この惨事です。
丁度一週間です。
今日、一人の学生が「交通手段が無く欠席しました」と報告に来て、
改めて今回の集中豪雨を実感しました。
朝倉から福岡市東区までは通学圏内なのですね。

殆どTVを見ない我が家も一週間つけっぱなし。
青帯で小さくなったTV画像は憂鬱になります。
来週、朝倉市工場視察予定が入り、
今動くと復興事業交通網の邪魔になるのではと懸念しています。

2017年07月11日
7月1日から山笠が始まり、15日追い山に向けて博多の町は山笠一色。
追い山に参加していない場所でも飾り山笠があちらこちらで楽しめます。
飾り山笠表は歴史場の名場面が現わされ、裏面は現代的な表現が多い様子。
a0210108_23252907.jpg
博多駅裏面が「ももち浜ストア」なのは、スポンサーってこと?
昨日、H中学生から「テレビ出てましたね」なんて言われ、
中学生が17時TV「ももち浜ストア夕刊版」を視ているのに驚きました。
2017年07月10日
今日は、福津市H中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」第2回目授業「ブロックの組み合わせ(フラクタル)」
今回の中学生目標は
①自分で到達点を決める
②時間内に作品を完成させる
学習目的は
①カッター、目打ちの使い方、山折・谷折に慣れる
②実線、破線、点線を区別して図面が描けるようになる
です。
前半はハサミで4㎝の切込みを入れ親立方体をつり、その1/2子を左右と上に増やし、その孫、曾孫…
と繰り返し。
a0210108_2271865.jpg

後半は、製図して、厚いケント紙で仕上げます。
a0210108_227459.jpg
a0210108_22834.jpg

作りながら身に付ける作業を多くしています。
例年に比べどんどん作業が進み、想定時間より20分も早く中学生たちは仕上げました。素晴らしい。5㎜曾孫まで増やした中学生が4人、孫までに止め堅実中学生が9人、自由人F君は健在、ここでも創作作品を提出しました。
中学生授業で初めて時間に余裕が生まれました。今年の生徒達は大化けするかも。
次回は、折り紙建築椅子創作、階段創作と続きます。
楽しみです。
a0210108_2244951.jpg
a0210108_2251679.jpg

2017年07月06日
今日7月6日の折り紙建築ワークショップは、
4/20建設会社新人研修を行った会社の高校生インターンシップ研修内での取り組み。
建設現場での図面の意味と造るものを図面に落とし込む必要性を伝えることをベースにしつつ、2D⇔3D変換能力育成と想像を創造する楽しさ体験のワークショップを組みました。
a0210108_2354678.jpg

が「真似は学びの一歩」の一言が効きすぎたのか、
模倣に走る高校生が多かったのは、指導の拙さ(反省)です。
a0210108_2362678.jpg
a0210108_2327026.jpg
a0210108_23272824.jpg
a0210108_23274814.jpg
工業高校2年生11名、商業高校2年生2名。皆、真剣で真面目。
a0210108_2382094.jpg
直方体を斜投影図で作図。階段モデルを斜投影図で作図する早い高校生が3人もいました。
曰く「これだと簡単に立体が描ける!」
モデルを作業テーブルに持ち出し可にしたのが拙かった。
模倣に専念し想像停止の高校生が多数。
自己能力以上の挑戦者も時間内に終わらせられず撃沈。
完成しピッタリ畳める快感を全員に味わせたかったけれど、なかなか難しい。
奥行Z軸概念が理解されなかった。
(全体解説は右から左に流れるから手を動か入て理解できる何かが必要《それは?》)
a0210108_23163645.jpg
発表の「すべる階段です」はウケました。
さて、昨日からの北部九州記録的大雨は、
日本海側の我が町と研修会会場では、一般的梅雨でした。
それでも
片道80km車運転中は、前方車バックライト頼り走行の視界の悪さもあり、会場入り時すでにぐったり。
ワークショップって指導者が発する楽しい気分も重要だから、その点も反省。
2017月07月06日
ツムツムの行動を観ていると
「生きるとは食べることだ」と心底思う。
a0210108_10562049.jpg

a0210108_10574688.jpg


2017年07月04日
7月山笠です。
a0210108_23153444.jpg
川端の飾り山笠裏はスターウォーズですって⁉
見に行かなくっちゃ。



2017年07月03日
折り紙建築ワークショップ用サンプル製作に追われています。
a0210108_2222383.jpg
後列左から時計回りで
ハーバーブリッジ(C)茶谷正洋、眼鏡橋(C)茶谷正洋、吊り橋(C)茶谷正洋、たいこ橋(C)茶谷正洋(一部修正)、横浜ベイブリッジ(C)茶谷正洋(一部修正)
a0210108_22221042.jpg
後列左から時計回りで
タワー3(C)2017 Masayo ARIZA、タワー2(C)2017 Masayo ARIZA、タワー1(C)2013-2017 Masayo ARIZA
4月の折り紙建築を使った唐津土建工業新人研修はとても楽しい展開になりました。
「4段以上の階段をデザインしよう」と言っただけなのに、
「橋をつくりたい」「タワーをつくりたい」「城をつくりたい」と
創作意欲がとても高いのです。
意欲>力量の新人さんが多くって講師はてんてこ舞い。
ちょっと手助けして後は自己展開してくれたら万々歳ですが、
そうはいかない。
その弟分高校生インターンシップ研修としての折り紙建築ワークショップを明後日行います。
またあんな意欲過多の参加者だったら嬉しい悲鳴です。
可能な限りの準備をしておかないとね。
創作ワークショップは手が掛かります。
2017年07月02日
今日の福岡の最高気温は34.8度、午前8時過ぎには30度になっていました。
湿度も高く大変だったと思います。
レベルの高い試合だったようで、子Sは年齢別12位。
いい刺激になったようです。
競技場から直接帰ってしまったのでそれ以上の情報なし(泣)。
大会としてはきっと成功だろうから、来年も開かれるのでしょう。
2017年07月01日
福岡に今までトライアスロン大会がなかったんだって。
明日が初回「福岡トライアスロン2017
先週から現地調査をしてる子Sは「解らないことだらけ」と言っている。
「内海があるのに何で外海で泳がせるのか」
「SUIM の後BIKE会場までに1㎞走るのか」
「800人接触せずに走れるのか」
「車、何処に停めたら良いのか」
...
今日の説明会で解決したのかしら?
「今までに無いハイソな雰囲気がした」
「海の中道好きになるかも」
だって?
明日が梅雨の晴れ間でピカピカの天気で
855人のエントリーがあり過酷な大会になるのは素人でも解る。
医師19人医療関係者が100人配置されるとか。
改めて、危険と隣り合わせのスポーツなのね。
無事に帰って来ますように。
a0210108_00231812.jpg
a0210108_00235371.jpg
a0210108_00253717.jpg
a0210108_00260615.jpg