2017年03月27日
3月25日なかなか遺産第4号「どまんなかセンター」認証式が行われました。
なかなか遺産推進委員長村松伸さんは学者ですから、
認証式で、上手に論理的に四つのチャート軸を使い、
どまんなかセンターの評価価値を論じられました。
はて、自然と景観って、当初から評価対象に在ったかしら?

折り紙建築創作をする時、まず対象物形状をどのように折り畳むか考えます。今回はシンプルな建物にぼやぼやとし困っていたところ、
自然、景観、(心の)富士山、3つをキーワードに、初めてカタチが掴めたのでした。
改めてなかなか遺産ホームページを見てみると
なかなか憲章では
「なかなか遺産」とは、どこにもない特異性をもち、くすっとわらっちゃうことから、国の重要文化財や世界遺産に認定はされないものの、でも、きまじめで、地域やそれを越えた地球上の環境やひとや社会やいろんなものと結びついて、なかなか、と見るひとびとを唸らせ、次世代に継承させたいと自然に思える遺産のことです。

と謳われています。
次の解説(1.形状と由来、2.価値、3.恩恵、4.未来への可能性)の内「2.価値」で、
「景観、自然環境、社会、いろいろなものを強く結びつける紐帯というような多様な役割を果たす」

とありました。
なかなか遺産発足時から盛り込み済みだったのですね。
形状にのみ捉われていた自分が恥ずかしい。
2017年03月26日
認証式開けて翌日は地元民村松氏案内する袋井市魅力旅です。
村松氏小学校同級生の1年前に始めたという苺農園。
a0210108_16384837.jpg
a0210108_1639766.jpg
高床式!散水も内蔵。株別け棚も高床でした。我が町の苺園とはエライ違い。
次は可睡斎
a0210108_10213365.jpg
a0210108_10221662.jpg
トイレの神様(高村晴雲作:烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)像)がいらっしゃる東司。築:昭和12年
a0210108_10224627.jpg
32段1,200体おひなさまは圧巻。
a0210108_10180952.jpg

釈迦涅槃図

a0210108_17185628.jpg

ここで頂いた精進料理の胡麻豆腐と葉の花の辛し和えが美味。
おひなさまと牡丹で埋め尽くされ陰になっていましたが建物も襖絵も見事。平常時に再訪しなくっちゃ。
a0210108_10185321.jpg
昼食直後なのに「じぇらーとげんき」をペロリ。新茶の頃の抹茶ジェラートはまた格別だとか。
締めは谷口吉生設計/水澤工務店施工(平成9年):浜松市茶室松韻亭 
a0210108_10392192.jpg
離れ小間「萩庵」にて茶席。
a0210108_10395855.jpg
a0210108_10402924.jpg
茶事をされた方の骨のあるお話を、
鈴木さん・村松氏がAnaさんに通訳していました。
背景の文化も理解しているからこそできる凄技です。
「茶道でも華道でも○○道は、型を真似るのでなくそれに向かう姿勢を磨いていくものです」
という内容のお話でした。
五木寛之氏の「四住期」の教えを読んで、今は林住期を迎えているのだとか。
案内役は既に遊行期なのだそう。
あれもこれもDOCOMOMO International Chair Ana Tostoes氏をご案内する小旅行だったような?ご一緒できて光栄でした。
2017年03月25日
なかなか遺産第4号「どまんなかセンター」認証式です。
どまんなかの名前の由来は東海道二十三次の真ん中から来ているそうです。
その建物は
a0210108_15475194.jpg
河の向こうに見える水色の建物です。
なかなか遺産出会う懐かしい人たち、どまんなかセンターの新しい人たちが交っての認証式。
地元民でもある村松伸教授の講演は
「どまんなかセンター」の認定理由をあくまで学術的にチャートを使い解説してくれたのだけれど
さて当の管理人クララは責任の重さを感じている様子だし、
オーナーはご高齢で実質的動きは望めないし、
建物の手入れの必要性は待った無し状態。
希望は、
第1号達古袋小学校事務局長も元気の塊だし、
第3号呉YWCAが売却取壊しの話が出てとは思えないように昨年6月認定から活性化されたという話。
なかなか菌は感染力が強いそうです。
a0210108_16132162.jpg
a0210108_16133727.jpg
a0210108_1614249.jpg

どなんなかセンター1階で御稽古をしている坂下憲吾氏琴アンサンブルが圧巻で
a0210108_16103072.jpg
様々な使われ方が期待できる建物なのが判りました。
私の折り紙建築教室は、
a0210108_161508.jpg
a0210108_16152474.jpg
a0210108_16154297.jpg
持ち時間2時間内に会場準備から片付けは難しかろうの心配をよそに
余裕をもって記念撮影まで出来ました。
心の富士山は自由制作としたところ、自由度一杯の切り絵で楽しかったです。
「やればできる」
2017年03月24日
ガイドブックを覗くと食のページばかり。
新鮮な魚、温泉蒸し料理、スイーツ…
魚も野菜も福岡は美味しいし、特に惹かれない。
浜松ならウナギだろうけれど明日から行くのは静岡県袋井市。
韮山反射板炉には興味が湧いたが、足を延ばすにはチト遠い。
3年前の名古屋のように何も食べない失態はしないように、しっかりリサーチしよっと。
2017年03月22日
納骨堂建て替え工事でお墓の引っ越しをして早一年。
基礎工事が始まったか?と覗くと発掘調査中でした。
何が出てきたのだろう?
博多は歴史ある街です。
a0210108_18252657.jpg

2017年03月19日
世の中は三連休。
渋滞に巻き込まれない店でプラダンを購入したら、いつものとサイズが違う!
ピッタリ900×1800!
普段買っているのは915×1830
15㎜あれば支え強度が増すから、拡大率をいくらにするか変わってくる。
この差は大きい。
つくったのは、これ。
a0210108_20174328.jpg
なかなか遺産第4号「どまんなかセンター」大型モデル
今週末はいよいよ なかなか遺産認証式と折り紙建築教室です。
2017年03月18日
a0210108_12541710.jpg
a0210108_9313850.jpg
昔ばなし大学研究会メンバーと合馬筍ツアーに出かけました。
2016年9月18日発表した「手ぎきくらべ」現場を訪れる旅です。
目的は現場調査とエビショウケ確認。
手ぎきくらべ(原題手ぎきの夫婦)の舞台北九州合馬は筍で有名です。
初物筍料理を食べる会でもありました。
a0210108_22594511.jpg
a0210108_230214.jpg
開店前から長蛇の列で2順目で筍づくし料理を頂きました。
筍の天ぷらが絶品。
お話に出てくる網代橋を発見!
a0210108_2335552.jpg
a0210108_234144.jpg
a0210108_2343395.jpg
おぎんさんが馬から落ちた川堤はこんな風景。

お次は、合馬観光たけのこ園へ。
a0210108_2394578.jpg
ありました。
a0210108_23115690.jpg
a0210108_23122160.jpg
お話に出てくる「えびしょうけ」は写真右、一般的に「しょうけ」と呼ばれてる竹ざる。
たけのこ園館長は「日に焼けて海老色になるからえびしょうけだろう」と言っていましたが、どうだろう?
もう一つの収穫は女竹。
a0210108_23173152.jpg
おぎんさんが下に落ちるまでの間に伝作さんは川堤に生えている女竹を刈ってえびしょうけをつくる、
という話ですが、
その女竹を実見できたのです。
ハチクより細く、節が長くかなり固い竹です。
地名の呼び名三岳村=ミツタケムラ、網代=アミシロ
と発音すると判ったし、
合馬が馬の交代場所から来た名前だと知りました。
再話の本来の固有名詞、地名を復活させ、残す事にしました。
現地に来ないと判らないことだらけ、現場検証って大切ですね。
第三話「ケンケンバッタバタくっつきたい」舞台は大阪、今度は皆で大阪?
第一話「ふしぎなこねこ」舞台はフランスとドイツの中間です。
ここまで行けるか?
2017年03月16日
行きの友は折り紙
a0210108_21471933.jpg
川崎敏和最新版「おとぎの国の夢折り紙」より羊部分

向かったのは佐賀県立美術館「池田学展 The Pen」
平日でもこの人出
a0210108_21502743.jpg
a0210108_21504626.jpg
撮影許可が出てる珍しい展示空間。
驚異の緻密さ、時間軸が絡み合う世界観に圧倒される絵画達でした。
部分は血が通ったリアル、全体は歴史も地理も時空も超え絡み合う。
作者が蓄えた知識、経験、想像がちりばめられたよう。
伊藤若冲、レオナルド・ダ・ビンチ、宮崎駿、手塚治虫、山口晃を連想し、
後半の作品には現代社会の危機感が刺さって来た。
が、「予兆」製作は2008年で、
共感力の強い人ってこんな絵を描くのねって感じ入る。
2017年03月15日
a0210108_2129484.jpg
手も足もバタバタと良く動くツムツム。
何でも手を出し掴めたら、口に入れて確認している。
距離感、指の感覚も動かしながら覚えていく段階みたい。
本能のままの足の動きでは、後ずさりするのみ。
手足の動きが大脳と結びき連携プレイが出来て初めて動くことが出来るのね。
前進ハイハイは、もうちょっと先ですね。
a0210108_2128582.jpg

2017年03月15日
今日は公立高校合格発表日。
高校前の路上駐車で足りなくって二重駐車になり、
住宅内にも車が入り込んでいた。
朝、車で出たらもう家に帰れない!
こんな田舎町も
正月三が日は、宮地嶽神社周りには車で近寄れないと肝に銘じていたが
(最近は二月、十月も)
高校周りも付け加えよう。
2017年03月13日
展示会は
準備までは気が張り、期間中は人疲れで
終わると精神的+肉体的疲労が押し寄せてなかなか回復しません。
今日の小学1年生読み聞かせの大うけ盛り上がりと
津屋崎散歩で復活。
さあ、次の仕事!
a0210108_22344445.jpg
a0210108_2235916.jpg

2017年03月13日
なかなか遺産第4号折り紙建築「どまんなかセンター」はこれ!
風景の中に溶け込むからこそ存在意義があるらしいと理解しモデル化。
管理者の納得いくデザインに落ち着くまでちょっと時間がかかりましたが、
これで決定!
a0210108_2151767.jpg

2017年03月11日
6日間の「Aクロスの会作品展」無事終了致しました。
お越しいただいた皆様、応援頂いた皆様ありがとうございました。
(折り紙建築を)「初めてみました」「こんな世界があるのですね」の感想から
「今年の新作はどれですか」と言って頂くまで続けたいと思います。
次回もよろしく。
a0210108_22575625.jpg
a0210108_2258182.jpg
a0210108_22584063.jpg
a0210108_2258586.jpg

a0210108_23563036.jpg
a0210108_23565619.jpg
ハサミを入れる位置が違うので、
それぞれ表情の異なる階段が出来上がるのが楽しい。
「不器用だから」と尻込みしていた人が、
「出来たね、美しいね」と感動されるのが嬉しい。


2017年03月09日
Aクロスの会4日目、後半日程に入りました。
FBイベントを立てたおかげか、友人の来場者が増えました。
ありがとうございます。
今日の折り紙建築体験は、親子・夫婦などのグループが多く、
仲よく楽しかったです。
ハサミチョキチョキ飛び出すカードは、
型紙無しの良い加減なので、
グループでつくりお互いの作品の違いを見比べるのがとても刺激になります。
「みんなちがって、みんないい」折り紙建築バーションです。
残り2日間もよろしく。
a0210108_22184620.jpg
a0210108_2219181.jpg
a0210108_22194095.jpg
a0210108_2220268.jpg
a0210108_22202454.jpg

2017年03月08日
アクロスの会作品展前半3日終了。
連日不特定多数の人と応対し、8時間立ちっぱなしなのでへとへと。
今日は思い切って外に昼食に出る。
a0210108_2338258.jpg
一階「bill」
店内は開放的でオシャレです。
a0210108_23501187.jpg
料理もオシャレすぎてブランチとしては少量過ぎ、
お値段も上等でリピーターには成れないかな。
キッチンが前面、入口配置なのは現代的。
レジ無し、テーブル支払だから可能か?
(レジトレーを持ってこられたときはチップが必要かと緊張した)
明日はコストパフォーマンスの合った所に行ってみようっと。
2017年03月07日
有座コーナー見学者は、
「こんな細かいことできん」
「(立体に立ち上がる構想を考えるのは)どんな頭しとっちゃろ」
と否定的感想から入る人と
「(平面が立体になるのは)面白いな」と思う人が居るようです。
興味が有りそうな方には
ハサミワークに誘い、
直感的に立体が立ち上がる楽しさを味わってもらいます。
体験すれば簡単だし工夫次第で世界が広がるのが判ります。
キッカケが重要ですね。
今日の参加者は興味深かったです。
①70代以上Aさん。
両手を使い細かい折を立ち上げるのは、年配者には結構大変なようです。
a0210108_22243966.jpg
②佐賀からの建築士40代Kさん。
二つの折り紙建築「スリット模様」を観察後「意味のある形を立ち上げよう」と促しました。
始めは生真面目に切り込みを入れ、段々自由になっていく様は、見守っていて楽しかったです。
a0210108_2226356.jpg
a0210108_2226541.jpg
③羊毛フェルト作家60代Sさん。
洋裁の型紙起こしが出来るので図面が読め、羊毛フェルトでは役に立っているそうですが
幅を広げるために始めて折り紙の図面は難しく読めないのだそう。
NOAちくごメンバーによると折り紙愛好家で図面が読める人は少数で、
多くの人は講習会で覚えて再現するんですって。
ユーチューブに折り紙動画が溢れているのはそんな理由?
鶴しか折れなかった私は川崎敏和氏「究極のバラ」を折りたくって本から自学。
講習で折れても、後日再現が出来ないから、私には折図が確実で好き。
デザイン言語としての図面リテラシーは、汎用言語にまだまだの模様。
だらこそ、折り紙建築ワークショップが有効だと思うのだけれど。

④退職悠々ダンディTさん。
正確な折りに気を遣う人。
「木原さんの折り紙建築持ってるよ」と言われビックリ。
聞いてみると「お土産に貰っただけ」
なんて羨ましい。

こんな人たちに出会うためにミニワークショップやっています。
2017年03月06日
2017年「Aクロスの会作品展」始まりました。
3月11日までです。今年の展示は、壁掛けで派手目です。
控室入口のあるコーナーサイドの使いにくい場所を2つテーマを設定し展示しています。
今年は干支となかなか遺産。
a0210108_2212620.jpg
2011年から折り紙建築創作を始め6年、
2011年卯年から2017年酉年の干支折り紙建築を纏めました。
a0210108_22132139.jpg
なかなか遺産も4号が決まり、有座的そろそろ遺産を加え全国10棟の建物をまとめました。
8件の場では折り紙建築ワークショップを行っています。(予定含む)
全国に広がれ折り紙建築WS!
a0210108_22134850.jpg
アクロス福岡には子どもが来ませんから、
大人目線の壁掛け位置にしたのは、観賞しやすく良かったです。
コストがかからない持ち運びに優れた壁掛け台を探し続け、
師匠TV取材画面で発見し真似しました。
毎回展示会前は、会場設定小道具づくりに追われます。
今回も三六判カット、針金カット伸ばしたり叩いたり、大工仕事の一日。
キンコーズに2日かけで行く羽目になり、
当日朝までアタフタと走り回っていました。
プレゼンパネルの色調が派手目になったのは、
「おひな様の会」に浮かれて紙を買ったから。
全体構成を考えたら違っていたでしょうが、
体力消耗し再度紙購入に行く気力が失せてしまいました、チャンチャン。

こんな展示もあるのね。
a0210108_2142979.jpg
a0210108_21572848.jpg
折り紙建築「お雛様」達も白酒を添えられ菱餅色の式紙の上でニッコリ。
a0210108_21544554.jpg
松楠居「おひま様の会」でもミニワークショップ!
a0210108_2147050.jpg
全て春色の美味しい料理と飛びっきり上等のお酒の前では集中できなかった模様。
a0210108_21492068.jpg
さあ、松楠居のおもてなしの心を真似て3月6日からの「アクロスの会作品展」頑張ろう!
2017年03月04日
本日3月4日より20日まで、
津屋崎千軒なごみ「津屋崎中・福間東中ポップアップカード作品展」が行われます。
2校の中学校で取り組んだ総合学習授業「ポップアップカード」の発表です。
例えば
a0210108_2212122.jpg
a0210108_2214779.jpg
アップすると
a0210108_2223480.jpg
a0210108_2232745.jpg
まだまだたくさんです。
力作揃いです。
どうぞご高覧ください。
2017年03月03日
仕事がはかどらないのはこんな事情。
a0210108_20421421.jpg
a0210108_2042487.jpg
紙を与えて早期教育。
ツムツムは何でも口に入れるから、
次回からは手すき和紙にするか?

雛祭りらしいお膳が囲めたら良し。
2017年03月02日
気が付いたら3月。
2月はなんで短いの!
Aクロスの会が4日後です。
まだアタフタとつくっています。
展示テーマは早くに決めレイアウト決めだけのつもりだったのだけど。
作品が何処ぞにかくれんぼして、作り直しが多数。
自分の作品だと甘くなり、同じところを何遍もカットミスしたり、
日本海側「そろそろ遺産」を入手し、製作に何時間も要したり、
目前になるとバタバタするのは何故だろう?
a0210108_1832217.jpg
「北沢浮遊選鉱場跡」折り紙建築創作:五十嵐暁浩/製作:有座まさよ
何処も無駄のない紙配置はさすが五十嵐暁浩作。
とても細かく、折るのに30分擁した。筋立てとカットはたぶん3倍時間。
折り紙建築でこの迫力、本物は圧倒されそう。
a0210108_18312269.jpg
毛羽立ったモコモコ用紙(ウーペ405)で「ヒヨコ」を作ったらさぞ可愛いかろうと思ったが、
180kgケント紙の倍ぐらいの厚み且ノリが全く効かず、手こずりました。
写真だと質感ゼロで苦労が伝わりませんね。
2017年03月01日
3月恒例「Aクロスの会作品展」は3月6日~11日です。
会場はアクロス福岡、天神に出たついでに寄ってくださいね。
全日程、在廊しています。
a0210108_18471896.jpg
a0210108_18473544.jpg

2017年02月26日
そろそろ遺産は、何時なかなか遺産になるの?
なかなか遺産HPには論理立った解説が載っているけれど、
4件のなかなか遺産の発表をみると、
民間保存活動の熱意の強弱のような?
なかなか遺産公認折り紙建築家的には、
facebookUPそろそろ遺産:愛知県一宮市ノコギリ屋根工場群が好み。
はやく なかなか遺産にならないかな。
a0210108_018308.jpg
遠近法を使ったり、角錐折にしたり、いろいろつくってはみたが、
始めの当寸ずらしが納まりが良い。
なかなか遺産になったらやる気倍増する。
早く来い来い。
2017年02月24日
子Aとの会話
「これ土産!」
「01ならその続きもあるの?」
「ある。デザインのひきだし最新号も気にいると思う!」
「今の流行は日本茶!」
ワインボトルに入った緑茶のこと?」
「三軒茶屋にドリップ茶屋が出来た!」
「こんな本もあるよ!」
「コピーだけで700円も取るなんてぼろ儲けや?」
親の好みをよく理解しているのか、似たもの同士なのかは不明。
解説

左下:DEDEkit01(土産)
ひと断ち切り:山本厚生そのものと思うが、DEDEkitシリーズ01『一刀切り問題』、02『レイヤーの彫刻』、03『3×3×3 立体パズル』はいずれも、空間認識能力育成のオシャレな商品。消費者の関心を掴み広まると「いいね!」

右下:デザインのひきだし26(自前購入)
デザインのひきだし30「新しい特殊印刷加工の教科書」は福岡丸善では売り切れ。折り紙建築制作上、紙の特性や加工技術には関心があるが、それ以上となるとキャパオーバー。世の中深い。

右上:東京茶寮 メニュー
コンセプトとインテリアで売る店か?デザインで稼げる世の中になったのね。

左上:「文庫本葉書」リーフレット
こんな本の売り方があるなんて凄い。
まさにキャッチコピー勝負。
選択を人任せにする恐ろしさを感じるが。
a0210108_1222421.jpg

2017年02月20日
小学校と幼稚園で読み聞かせ。
小学3年生には、
安野光雅さんの「あいうえおの本」「ABCの本」
幼稚園年長さんには、
「あいうえおの本」と佐々木まきさんの「ねここども」
を読む(みせる?)
反応が楽しすぎて、ギスギスの疲れがすっかり解きほぐされる。
ありがと。


幼稚園で他のクラスで読まれた
ヨシタケケンスケ「なつみはなんにでもなれる」の擬態が可笑しい。
お話仲間が頭をひねる中、子どもと同レベルの私はすぐ解るのがちょっと嬉しい。
a0210108_9532680.jpg
岩合光昭「10ねこ」も愛らしい絵本で好き。
新しい絵本が次々出版され、新ママさんは大変だろうな。
2017年02月18日
移転が決まって数十年、殆どの学部学科が移った中で何故か旧敷地に残っている建築学科。
研究室の親睦会はこの学び舎(光吉 健次設計)で行われた。
瓦礫の中を通り建物に向かう。やるせない。
来年の親睦会は、最後のこの場で行われることが決まった。
a0210108_22535046.jpg
今朝、壊される前に折り畳めばいいと気づく。
先ずは工学部本館は現地で見ると頭の中でスッキリと形になる。
a0210108_1114988.jpg

工学部本館は残るそうだが、壊される危険の高い50周年記念講堂の方を急ぐ必要がありそうだ。
a0210108_11153325.jpg

2017年02月17日
籔内 佐斗司の彫刻に懐かしさを感じるのは何故かと思っていたら、
ツムツムなんだ!
三頭身・四頭身の姿、ほっぺと頭、お尻の丸みが赤ちゃんそのもの。
ツムツムは、今そんな月齢で可愛い。
a0210108_15114614.jpg

2017年02月14日
籔内 佐斗司!
九州七県が電車ごっこをしているよ。
博多駅で見つけて嬉しくなっちゃった。
地元の名所は以外と知らないよね。
a0210108_00005533.jpg

2017年02月11日
そのままつくったら、なんの変哲もないモデルになるのが見えていて、
なかなか進まなかった第4号を、
90°タイプ→180°タイプ→0°タイプと挑戦し
「おどろきが(足りない)」
と却下され、
180°や0°ってマニアにしか受けないかな?とショゲ、
また、90°にもどり、
セザンヌ的に、見せたい面を、感じる大きさで、ちりばめてみたら、
「おおお」「これ、いいぞ!」
だって。
ウーン、一人苦悩した日々を振り返り、
建物なかなか認定理由と利用者の思いのヒアリングが必要だったと反省。
基本ワンフレーズ返答の博士からどうやって聞きだすか、それが問題だけれど。
まあ、出口が見つかったから良しとしよう。
a0210108_959141.jpg